大阪でチラシのデザイン制作依頼するならここ!口コミで評判のデザイン制作会社5社を紹介しています。

チラシデザイン製作の外注先の種類とは?依頼時の注意点も知ろう!

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/06/10

集客や販促に効果的なチラシ広告を外注したい人もいるでしょう。チラシのデザインが人目に留まるものであるか、見る人の心を掴めるかによって、広告効果はアップします。チラシの広告効果をより高めるためのチラシデザインの外注先の特徴と、依頼をする際の注意点について解説しましょう。チラシデザインを考えている人は参考にしてください。

チラシで集客を行う利点とは?

集客や販促の方法としてチラシを利用するメリットには、ターゲットとしている地域に集中して認知してもらうこと、想定する顧客層を狙ってアピールすることが可能な点にあります。チラシを手に取ってもらう方法としては、新聞の折り込みに組み込んだり、人通りのある駅前などで配布したり、店頭に設置して来店客に持ち帰ってもらうなどがあるでしょう。どれも地域と客層に密着したもので、短期間で多くの顧客に認知してもらえそうです。

近隣の顧客に店舗やサービスを知ってもらうことは、リピーターの獲得にもつながります。また、近隣の顧客が定着することで、口コミや評判も広がりやすくなり、さらなる顧客の獲得も期待できるでしょう。

チラシデザイン製作を依頼する外注先の大まかな種類

集客や販促のためチラシでの宣伝をしてみようと考えても、ノウハウのない会社で自作をするのは難しいことでしょう。WordやPowerPointなどのソフトを用いて、それらしいものを作ることは不可能ではありません。しかし、ぱっと目を引いて多くの人に見てもらえる、購買意欲を掻き立てるようなチラシは、簡単に作れるものではないのです。そのため、チラシのデザインのノウハウがある業者に外注することをおすすめします。クオリティが高く、広告効果も高いチラシを提案してくれるでしょう。

チラシデザイン製作依頼の主な外注先には、大きく分けて3つの種類があります。「デザイン会社」「印刷会社」「個人デザイナー(クラウドソーシング)」です。

プロのデザイナーが多く在籍する「デザイン会社」に依頼するメリットは、確かな技術とノウハウを持ったデザイナーに依頼できるため、「イメージ通りのチラシ」が仕上がる可能性が高い点です。デザイナーと直接やり取りできる場合も多く、きめ細やかな対応をしてもらえ、デザイン完成までのイメージの共有をしやすいのもメリットといえます。チラシデザインに強みのある会社であれば、持ち込むイメージだけではなく、世間のトレンドの観点からのアドバイスも受けられるでしょう。

専門性の高さやクオリティ重視の傾向から、依頼価格は高めで納期も少々遅くなりがちです。しかしイメージ通り、狙い通りのチラシを実現できるという点で、デザイン会社への依頼はおすすめできます。デザイン会社でも会社によって得意分野や費用は異なるため、何社か見積もりをとって比較するのもよさそうです。

「印刷会社」の多くでは、チラシなどを印刷するだけではなく、デザインから一貫して引き受けてくれるサービスを提供しています。デザインから印刷までひとつの会社で行うため、打ち合わせの回数も少なく済み、短納期かつリーズナブルにチラシを完成させられるのです。

デザイン専門の会社ではないため、チラシデザインも基本のテンプレートやレイアウトから選択する場合が多く、オリジナリティには欠ける仕上がりになる可能性があります。しかし大量の紙のチラシが早めに、コストを抑えて必要としている場合では、印刷会社は頼れる外注先です。

また、「個人デザイナー」にデザインしてもらう方法もあります。現在はクラウドサービスを通して、フリーランスのデザイナーにデザインを依頼できるでしょう。デザイナーに直接依頼することで中間マージンをカットし、コストを抑えながらデザインを製作してもらえます。クラウドサービスを通してデザイナーとやり取りもできるので、細かい希望の伝達やイメージの共有もしやすいでしょう。

ただし、クラウドソーシングでの契約は個人との契約であるため、トラブルも想定しておかなければなりません。低価格で素晴らしいデザインを仕上げてくれるデザイナーもいますが、納期が守られないことや、クオリティが著しく低いデザインがあがってくることもあるでしょう。利用する場合は、それぞれのデザイナーのポートフォリオなどを比較検討してみましょう。

チラシデザインを外注依頼する際に注意するべきこと

イメージ通りのチラシをデザインしてもらうには、デザイナーに希望を伝えることが大切です。具体的には、「チラシのターゲットは誰か」「何のためのチラシなのか」をしっかりと伝えましょう。何をアピールしたいのかは大切なポイントであり、チラシを届ける相手をしっかりと設定しておくことで、訴求したい内容がはっきりとします。

また、使ってほしい画像や文章などの素材があれば、依頼の最初の段階で提示しておくと、デザイナーの二度手間を防げ、完成イメージの共有にもつながるでしょう。完成イメージの希望をしっかりと伝えておくことも大切です。口頭での打ち合わせだけでは、伝えるのが難しい場合もあるので、参考になるようなチラシやホームページなど、視覚でイメージ共有できるものを用意するのもよいでしょう。

 

チラシのデザインは自社で行おうとすると難しいものです。イメージを実現してくれ、技術とノウハウのあるデザイナーに外注し、クオリティの高いチラシを実現させましょう。センスよく印象に残るチラシには、広告効果を期待できます。デザインの外注先にもさまざまな依頼先がありますが、コストや納期、クオリティの点を考え、希望にあった依頼先を選びましょう。

【大阪】おすすめのチラシデザイン制作会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ビーニーナウタイタンアート宣伝館アコーダー
特徴低価格なのに高品質費用対効果を重視した販促に繋がるデザインインパクトがあり人々の心に残るようなデザイン印刷コストが安いブランディングやプロモーション企画に注力
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめのチラシデザイン制作会社ランキング
記事一覧