大阪でチラシのデザイン制作依頼するならここ!口コミで評判のデザイン制作会社13社を紹介しています。

チラシだけじゃない!取引先や顧客に渡せる粗品のデザインを依頼しよう!

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/05/13


取引先に対する年末年始の挨拶周りでは、粗品が非常に大切です。しかし、毎年同じものを渡している、会社が用意したものをなんとなく渡しているというように、粗品について考えたことがない方が多いのではないでしょうか。そこで本記事では、センスのある粗品でほかの企業と差をつける方法について解説します。

粗品の定番はカレンダー?

一般的に年末年始の挨拶周りでは、取引先の企業に対して粗品を渡します。そもそも粗品とは、贈呈する品物を謙遜した呼び方であり、「つまらないものですが」という謙遜の意味が込められています。

また、企業が年末年始に挨拶周りをする目的は、1年間の感謝と、今後もよろしくお願いしますという意味を込めて行われるものです。そのため、年末年始に行われる挨拶回りは、企業の営業活動において非常に重要な役割があるのです。そして、挨拶回りでは粗品にも配慮しておくことで、取引先の企業に喜んでもらうことができます。

しかし、粗品はただの贈答品ではなく、自社をアピールして販売を促進する役割も担っています。つまり、自社の売り上げにも繋がりつつ、取引先にも喜んでもらうことのできるバランスが大切なのです。そして、王道な粗品の一つにカレンダーがあります。カレンダーは、企業の名前をプリントとできることに加え、1年間使用してもらうことができる粗品です。

従って、粗品で渡したカレンダーを飾ってもらえれば、常に取引先に企業名をアピールしておくことができるのです。そのため、粗品の中でもカレンダーは定番の存在となっています。しかし、人気の粗品である分、取引先には多くのカレンダーが渡されることも事実です。そのため、必ずしも使用してもらえるわけではないということを注意してお必要があります。

一方、カレンダーと同様に定番の粗品としてタオルが挙げられます。タオルであれば何枚あっても助かるものであるため、喜んでもらいやすい粗品であると言えるでしょう。

センスのある粗品でほかの企業と差をつけよう!

粗品は、企業の販売を促進しつつ、取引先に喜んでもらうができるバランスの良さが大切です。さらに、毎年同じ定番の粗品を渡すのではなく、取引先のことを考え、喜んでもらえる粗品を渡すと他社と差をつけることができます。そこで、取引先に喜んでもらえるセンスのある粗品を紹介します。

たとえば、年末の挨拶では、季節を考慮してカイロやお正月に使用する寿の割り箸を渡すと気の利いた粗品として認識してもらうことができます。また、日ごろ活用しやすいマスクやマスクケース、ウエットティッシュなどはいくつあっても嬉しい粗品であると言えるでしょう。また、マスクやウエットティッシュに企業のロゴをプリントして渡すと販売促進効果も期待できます。

その他にも、持ち帰る際に邪魔にならないボールペンやクリアファイル、業務に使用できる付箋やスケジュール帳も喜ばれやすい粗品です。つまり、粗品にも幅広い種類があるため、取引先のことを考え、どのような粗品を渡すと喜んでもらえるかを考えることが大切なのです。

年末年始こそ粗品の出番!

年末年始の挨拶回りに持参する粗品によって、他の企業と差をつけやすくなります。しかし、粗品にする品物は決まっていても、どのようにデザインしたら良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。粗品には企業の名前やロゴを印刷することが一般的ですが、企業の名前がプリントされているだけの粗品は、珍しいものを選んでも取引先の印象に残りにくいでしょう。

そこで、こまかなデザインをこだわるとより印象的な粗品に仕上げることができます。そして、粗品のデザインは、デザイン制作会社に依頼することをおすすめします。デザイン制作会社とは、チラシやパンフレット、広報誌などの様々なものに対するデザイン・印刷を行っている会社です。また、デザイン制作会社によっては、広告入りマスクや広告入りのカイロのデザインも手掛けている企業があるため、粗品のデザインに最適なのです。

さらに、デザイン制作会社は、販促効果を期待できる効果的なデザインを製作できることはもちろん、業界ごとの市場ニーズや競合のデザインを分析した上でデザインを製作してもらうことができます。つまり、粗品のデザインもデザイン制作会社に依頼することで、他社とは異なる取引先の印象に残る粗品に仕上げることができるのです。

まとめ

年末年始の挨拶回りで渡される粗品によっては、取引先の企業に喜んでもらうことができたり、販売効果を促進したりすることができます。そのため、粗品について考えたことがなかったという方も、喜んでもらえる粗品について考えることが大切です。また、粗品には様々な種類がありますが、デザインにも目を向けると印象的な粗品に仕上げることができます。そこで、粗品のデザインはデザイン制作会社に依頼することをおすすめします。

【大阪】おすすめのチラシデザイン制作会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ビーニーナウタイタンアート宣伝館アコーダー
特徴低価格なのに高品質費用対効果を重視した販促に繋がるデザインインパクトがあり人々の心に残るようなデザイン印刷コストが安いブランディングやプロモーション企画に注力
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめのチラシデザイン制作会社ランキング
記事一覧