大阪でチラシのデザイン制作依頼するならここ!口コミで評判のデザイン制作会社5社を紹介しています。

チラシデザインの制作を外注する際に注意するべきポイントとは?

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/10/08

チラシを使用して集客を行う際、チラシのデザインは集客や販促の効果を最大限に引き出すためにインパクトやわかりやすさが重要です。また、自分で制作することも可能ですが、プロに外注することでクオリティの高いチラシを制作することが可能です。本記事では、チラシデザインの制作を外注する際に注意するべきポイントについて紹介します。

チラシを利用して集客するメリット

チラシでの集客は特定のエリア内での集客に効果的な手段です。一般的な集客率は0.01〜0.3%が基本です。つまり、1万枚配布した場合、1~30人程度から反応ある計算となります。また、集客率0.01〜0.3%というのはまったく関係性ができていない人に配った場合の反応率で、見込み客に配布した場合にはもう少し高い集客率だと考えられます。

そして、チラシを使用して集客を行うメリットは、広告認知率の高さです。一般的に、日本人のネット閲覧平均時間は77.9分であるといわれています。そして、無料ブログやSNS等に表示される広告は1ページあたり3~4広告以上あります。

つまり、Web広告は数が多すぎるため滅多に目がいかず、広告の情報をまったく認識していない人が増加しています。一方、チラシであれば広告数は少なめです。そして、重要は配布物がないかと確認を行う人が多いため、その際にチラシを手に取り目を通す確率が高いといえます。

また、タイミングを狙った情報提供が可能であることもチラシのメリットです。チラシを配布した週の催事や特別フェア、セールなどタイミングを狙って配布することで大きな宣伝効果につながる可能性があります。

その他、地域密着度の高さもチラシの魅力です。Web高校では、地域特定表示として市の指定等は行えるもののピンポイントでの特定表示は行うことができません。しかし、チラシでは広告を行う地域をピンポイントで狙うことができます。

とくに飲食手や塾、美容院、エステサロンなど顧客が店舗に向かうサービスは店舗が近くにあることは大きなアピールポイントとなります。

チラシデザインの制作はどこに依頼するべき?

チラシデザインを依頼する際は、主にデザイン会社・印刷会社・個人デザイナーの3つの依頼先があります。

それぞれに特徴があり、デザイン会社はプロのデザイナーやクリエイターが多数在籍していることがポイントです。デザインを専門にしている分、専門性が高くデザイナーと直接やりとりを行うことで、イメージ通りのデザインが完成する可能性が高くなります。

とくにチラシデザインに慣れた会社であれば、世間のトレンドや効果の高い広告デザインについてアドバイスを受けることもできます。しかし、デザイン料は高めであることが多い傾向にあります。

次に大量のチラシを安く制作したい場合は、印刷会社に依頼することをおすすめします。印刷会社は枚数が多くなるほど1枚当たりの単価が安くなります。しかし、印刷会社はもともとあるテンプレートやレイアウトからデザインを選択することが多いため、デザインの細かな希望には対応していないケースがあります。

さらに、印刷会社にはデザイナーが在籍していないこともあります。つまり、クリエイティブなチラシやオリジナリティのあるチラシを制作したい場合。印刷会社は不向きである傾向にあります。

その他、個人デザイナーに依頼する場合は、デザイン費用を抑えながらクオリティの高いデザインに仕上げることができます。個人デザイナーに依頼する際は、クラウドサービス経由で依頼することをおすすめします。個人のデザイナーとも細かな打ち合わせを行うことが可能です。

しかし、個人デザイナーの中にはプロとアマのデザイナーが混在しています。つまり、当たり外れがある可能性がある点がデメリットとして考えられます。

チラシデザインの制作を外注する際に注意するべきポイント

チラシの目的とターゲットを明確に伝える

チラシの使用目的とターゲットは必ず伝えることをおすすめします。たとえば、チラシのターゲットを大人にするのか子どもにするのかでデザインは大きく異なります。チラシを見てほしいターゲットをしっかりと明確にすることで、チラシのデザインが大きく変わります

使ってほしい商品の写真素材やロゴなど用意しておく

チラシで使用したい商品の写真やロゴ、イラストなどがある場合は、あらかじめ用意しておくことが大切です。また、用意している素材が多いとデザイナーのイメージも膨らみやすくなります。つまり、素材は一種類だけでなく、バリエーション豊かにいくつかのパターンを用意することをおすすめします。

希望のイメージがあれば事前に伝えておく

希望の完成イメージがある場合は、曖昧な表現ではなくできるだけ明確に伝えておくことが重要です。そのため、レイアウトや文字のフォント、色合いなどできるだけ細かく伝えておくことでイメージ通りのチラシを制作できます。また、自分のイメージに近いチラシやホームページを参考資料としてデザイナーに渡すこともおすすめです。

まとめ

チラシの集客は、ピンポイントにターゲットを絞ることができることや、広告認知率の高さがメリットとして挙げられます。そして、チラシを外注する際はデザイン会社・印刷会社・個人デザイナーに依頼を行います。

しかし、外注先によって特徴があるため目的や希望によって依頼先を選択します。そして、外注する際は目的やターゲットを明確にし、使用したい素材や完成イメージをできるだけ細かくデザイナーに伝えることが重要です。

【大阪】おすすめのチラシデザイン制作会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ビーニーナウタイタンアート宣伝館アコーダー
特徴低価格なのに高品質費用対効果を重視した販促に繋がるデザインインパクトがあり人々の心に残るようなデザイン印刷コストが安いブランディングやプロモーション企画に注力
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめのチラシデザイン制作会社ランキング
記事一覧