大阪でチラシのデザイン制作依頼するならここ!口コミで評判のデザイン制作会社5社を紹介しています。

デザイン制作は最短でどのくらいでできる?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/14

チラシやパンフレットのデザイン制作をプロに頼むときに、非常に気になるのが制作期間です。タイミングを逃さず販促するためには時間をかけて制作している暇はありません。依頼時に、「最短いつまでに納品してもらえるのか」という質問を投げかける人が大半ですが、制作物ごとにマチマチだとはいえ、どれくらいが目安となるのでしょうか。

業者によってかなり差があります

当然のことではありますが、デザイン制作にかかる時間はデザイン会社によってかなり大きな差が生まれます。たとえばA4チラシ片面のデザインを依頼した場合、あるところでは1週間、あるところでは1か月、あるところでは最短3日で初稿を出すと明言しています。そこまでの差が出る理由はデザイン会社の腕にも関係するものの、でき上がるもののクオリティをどこまで求めるか、素材をどうするかなども関係するでしょう。

たとえばほとんどがテンプレートで用意されていて、文字や写真を変えるだけのレベルであれば当然かなり早くなりますし、一から作り出すとなるとかなり時間を要します。デザインに関して何の知識もない人が考えても、ほとんど枠が決まっていて、中に答えを入れるだけの穴埋め形式なら、早く済むことは想像できるでしょう。オリジナルの部分が増えれば増えるほど時間はかかりますし、費用もそれに応じて高くなるのが一般的です。

また、掲載する写真素材を用意できるかどうかにも納期は関わってきます。たとえば売りたい商品があったときに、デザイン制作に使用可能なレベルの写真データがすでに存在している場合と、撮影から始めなければならない場合とでは大きな差が生まれます。

納期を早めたいなら、自分で用意できる部分は極力すべて用意して、純粋にデザイン制作だけを依頼するほうがより早くなるのはもちろんです。最短納期を目指すなら、依頼する側もデザインに極力協力しなければならないといえます。

チラシの平均的な納期は2週間程度です

デザイン制作を依頼する場合、単にデザインデータだけを求めている依頼者はほとんどなく、最終的にはチラシやパンフレットといった印刷物を求めるケースが大半です。つまり、見込まなければならないのはデザイン制作にかかる時間だけでなく、そこから印刷を行う時間も考慮しなければ片手落ちということです。

もちろん、印刷物などの紙媒体にするのではなくWebサイトなどに掲載するなら、印刷時間は必要ありません。ただ、同様にサイト掲載できる状態にデータを加工するのにも時間はかかりますので、その作業期間は見ておく必要があります。デ

ザイン制作会社によって、どこまでの作業を請け負ってくれるかは変わります。印刷物の形にして、指定場所まで全品納品してくれるところまで請け負ってくれる会社もありますし、行うのはデザインのみで、印刷は別の会社へ依頼が必要な場合もあります。単にデザイン会社というジャンルでひとくくりにするのではなく、どのような業務をどこまで請け負ってくれるのかまで事前に確認し、相談することが重要です。

目安としては、使える素材などは提供したうえで、チラシデザインを依頼して印刷物が指定場所へ納品されるまでにかかる期間は、最低でも2週間といえるでしょう。ただし、打合せ時間がのびたり、提供できる素材がなかったり、一度決めたことを二転三転させるようなことがあれば当然納期は延びますし費用もかかります

デザインに納得がいかないと何度もリテイクを出せばそれだけ長くなりますし、途中の確認作業に時間をかけてしまうと、自分で納期を遅らせる結果になることは認識しましょう。

求める仕事をしてくれる会社を選びましょう

本気で納期を最短にしたいなら、依頼前にどこまで求めるかをあらかじめ決定し、ブレないことが重要です。たとえばほとんどがテンプレートで文字や写真を挿げ替えるだけなら、おそらくどこでも最速で納品できます。

せっかく作る以上は細部にまでこだわって納得のいくまで作り込みたいというなら、最低でも1か月以上の期間は確保したほうがよいでしょう。制作物は求めるレベルによってかかる時間も費用も大幅に変わることをしっかり認識し、依頼するものがどこまでのものかを明確に認識することが重要です。

ただし一番避けたいのは、「安かろう悪かろう」ならまだしも、それなりに費用をかけたのに結果が悪く、しかも納期が遅いというケースです。こればかりはデザイン制作会社の技術によるところが大きいため、どれくらいの実力がある会社なのかは、事前に充分調べる必要があります

一番わかりやすいのが過去の制作物を見ることで、どのような技術レベルでどのようなテイストが得意なのかを知ることです。デザイナーには得意不得意がありますので、求める方向性とテイストが合う会社を選ぶことが何より大切だと認識しましょう。ターゲット層によっても使い分ける必要があり、若者向けが得意なところに高齢者向けのデザインを依頼しても、結局納得のいかない結果になるリスクは高まります。

納期はあっても効果の期待できない制作物を作っては意味がありませんので、結局リテイクが続き、納得のいかないものに費用をかけて、納期も遅くなるという結果を招きかねません。最短納期を実現するためにも、まずは信頼できるデザイン会社を選び、イメージ通りの仕事をしてくれる相手と組むことも大切です。

 

デザイン制作にかかる期間は、制作物によってもデザイン会社によっても大きく差があります。一般的な目安としては、A4チラシ片面で、印刷納品まで2週間程度が妥当でしょう。原稿や素材データなどをすべて依頼者側が用意し、不要なリテイクを繰り返さないことが大前提です。

素材の用意も依頼したい、細部にまでこだわりたいといった場合には、最低でも1か月以上は期間を取る必要があります。途中で二転三転すると費用も時間も無駄にかかりますので、あらかじめ目標を明確にしておくことも重要です。デザイナーとのマッチングも大切ですので、依頼前にはデザイン会社の実績を確認し、テイストの合う先に依頼するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪】おすすめのチラシデザイン制作会社ランキング